10月12日 早戸川最終釣行 神奈川
19
 神奈川の渓流最終釣行は「早戸川」で・・・・
今年から日釣り券、値上がりしてました。1000円から1500円に(O)平成26、27年分をチェック!!
早戸川の通行止めが解除になったらしいので久しぶりに行ってみました。確か今年の夏にも覗きに行ったらゲートが閉まっていた記憶があります。晴釣さんが「うらたん」に行くとメールをもらって、私はちょっと早戸川へと折り返し、すると「私も早戸に釣れてって、連れてって」ってことで晴釣さんは十数年ぶりの早戸川。
水量多め、透明度は抜群!!フライは大苦戦のようで、ふわっと覗きに来るが食わないの連続とか、そんな晴釣さんのフライを覗きに出たポイントに餌を流すとバッチリ!!絶妙なチームワークというか、何というか・・・・
イワナも2尾出たし、ヤマメもいっぱい出たし、何がいいって天気がいい!!
やっぱりいい渓流ですね!!
林道を車止めまで状況確認に行きましたがかなりの車が停まっておりました。来年はまた混むんでしょうね。


9月28〜29日 道志川最終釣行 山梨
18
 道志川最終釣行。
「キャンプ・プラス・釣り」or「釣り・プラス・キャンプ」まあ、どちらでもよろしいのですが、これが1+1=2じゃなくって3にも4にも楽しくなる釣りキャンプ。今回も晴釣さんと禁漁直前、道志川編、シリーズ3回目??。
天気予報も目まぐるしく変わります、二日目の朝、雨にちょっと降られましたが幸い小雨、なんてったってポイントポイント釣れますからちょっとの雨なんか苦にならない、ザックの食料も食べるのを忘れる・・・・・
1年の締めくくりを良いイメージで終わりたい、ですから失敗しないようにもちろん餌釣りでーす!キャンプ場の上流、下流で釣り分け、1日目、2日目と入れ替え制。フライの晴釣さんにも満足していただいたようで。来月も来るって言ってました・・・・・禁漁ですけど。紅葉を写真に撮りに・・・・・
先々週の富士川、今回の道志川といい釣りをさせていただきました。漁協さんのおかげですね、来年の道志川にさらなる期待を・・・・・


9月15日 富士川水系支流 山梨
17
 水曜日、飲みませんか?のメールが木曜日、富士川行きませんかってことに・・・・
私は6月以来、晴釣さんは初めての富士川。6月もいい釣りができたA川です。今回はいつもより下から、(B)の中部横断自動車道の工事現場ちょい上、堰堤上から竿だし(A)アマゴくん、ほんとこの川魚濃いです、渓相もいいしサイズがいまいちですが大きいのも混ざってくるでしょう。小アマゴくんはポイントポイント必ず出てきます、ちょっといい型(C)、やはり下に隠れてますね。もちろん本日は餌釣りミミズです、先週の道志での失敗を教訓にミミズのサイズ選びは慎重に!!って、先週だって箱にはレギュラーサイズと表記、いいサイズのミミズと出会えない今日この頃であります。晴釣さんはフライですが、やはり小アマゴばかり。フライに反応はするけど、スレた大物には見切られぱなしとか・・・・小アマゴくんと来たらミミズにはなんの抵抗もなく食いついてきます数は凄い!合間にちょっといい型も釣れたり(F)、いい川です!!
終了!!温泉へと着替えようとしておりましたら、工事ダンプのおじさん(私のほうがもっとおじさん、でした・・・)に新しい川情報を入手。着替えをやめて、早速直行!!
入渓点もわからずの初めての川ですから、ちょっと上がると(G)の堰堤でした。入渓点から堰堤の間は、A川同様、小アマゴくんがぽつぽつ出ます。そんな堰堤の右の淵で本日1番サイズのアマゴくん(H)ゲット!!
それから、温泉へ!
9月 7日 道志川 山梨
16
 渓流シーズンも今月で終わりですから・・・・・・・
いくら行きたくっても天気に左右されますから、気分は毎週臨戦態勢!!それにしても当たらないのは天気予報と私の竿先!!ってか!!
何度かの増水でヤマメくんも入れ替わり期待した石下には期待を裏切る住人が!!(B)のウグイくん、さらにかじかくん(撮影前に逃亡)と来ましたら次が雨!!昨日の夜のい時間ごと天気予報ではすべてが雲マーク!それだから本日参戦したのですが、橋の下で待機中にスマホで確認すると早朝に傘マーク。結局、竿だしして1時間もせずして橋の下で待機(D)、それが約1時間!!その後は青空広がる(F)いい天気に!まあ、ミミズのせいにはしたくなくないのですがちょっとデカ過ぎましたか。さらに餌釣りはなんと3か月ぶり!!あたりがとれない、合わせが悪い。さらに先行者の足跡があるような・・・・・


8月25日 道志川 山梨
15
 夏風邪でも誘われて・・・・
って、目まぐるしく変わる天気予報、木曜今日でしょう!な感じで行く予定でしたから本日道志釣行,晴釣さんと一緒。昨日、餌とルアーの補充をしようか迷ったのですが我慢。そこで本日は一日ルアーで・・・・・
こちら道志もかなり雨が降った模様で河原の草木がなぎ倒されております。水量も多め、でも濁りは全くなし、綺麗な道志川であります。小さめのお気に入りルアーがないのでとっかえひっかえ投げますが定まらぬキャスティングでロスト続出!!やっぱ、昨日補充しとけばよかった。やっと出たのは(B)のニジマス君。その他何度かのチャンスもフッキングできず結局本日はこのニジマス君のみ。フライの晴釣さんは結構上げてましたね・・・・


8月4日 道志川 山梨
14
 昨日はゆっくり。やったといえば車を洗ったぐらいかな・・・・そうそう、フライをいくつかまいたりして。
そんなフライをもってゆっくり道志川へ。到着は9時過ぎ、夏休みに入ったせいかなんとなく車も多いような、テニス合宿?の子供たちもいたりして。真夏、1年ぶりのゲーター(A)この時期これが1番でしょう。水遊び的でなんとなく楽しくなっちゃう!キャンプ場前の川で子供を釣らないように、キャンプ場は避けて上の赤い橋から入渓。ヤマメくん、泳いでます!でもすぐ隠れます、長又の橋の堰堤あたりまで振りましたがフライを落とすと逃げますね、全くだめ、1度瀬尻にヌーとヤマメくんが食いに出てきましたがその時は引き上げに入っていたというミス。
移動。今度はルアーで・・・・ルアーを投げるとヤマメが逃げ惑う感じ。まあこんなにいるんだあという確認はできるんですが追ってきません。板橋の橋の下あたりで終わりにしよう・・・・なんてロングキャスト。出ました(F)24cmぐらいですがサイズの割には体高があります。ヒレピン、ちょっといい型ヤマメくんやっと復活(G)
天気がいいし、いい型上がったし、(H)祝杯!!


7月27日 〜29日 千曲川水系某川 長野
13
 2泊3日長野千曲川水系キャンプ旅行!!
本日のキャンプはユニフレーム「焚火台」の試し焚きがメイン・・・・・炭でBBQ(C)、今回のような直火不可のキャンプ場では(F)のような焚火が出来ちゃう、って焚火は晴釣さんの担当なんですが・・・・アウトドア料理、炭火BBQも晴釣さんの担当なんですが・・・・そうです、わたくし皿持って箸もって待ってる訳で。(E)はイワタニカセットトーチバーナー、炭起こし、焚火に大活躍。カセットボンベもすぐ無くなっちゃうかな何て思ってたらとんでもない長持ちすのぐれもの。
釣りはフライフィッシングですから・・・・今回もイヤというほどのライントラブルと闘いながら2日目に(G)の超小型イワナくん、3日目はちょっとサイズアップ(J)イワナくんととりあえず坊主は免れました。まあ悔しいイイ型イワナのバラシというかティペット切れが残念でしたが・・・・この時期渇水時、あんな小さな瀬尻から出てくるんですから・・・・


7月06日 〜7日 道志川 山梨
12
 本日の道志川はテントの試し張りがメイン・・・・・購入してから一か月以上、どういうわけか休みと雨が重なってのびのびに。
そもそも朝も早よから車を走らせ目指すポイントへかっ飛ばし、帰りは帰りで渋滞に巻き込まれないようにかっ飛ばし、そんな生活ちょっと疲れます。そこでゆっくり出陣、のんびりイブニング狙い、飲んで寝ちゃえば翌朝から昼までゆっくり釣り。しかも上流域でのキャンプなら安心、1番乗り。
晴釣さんのところに9時にお迎えに。近くのダイエーでディナーのお肉を買ってのんびりのんびり道志川へ。夏休みに入ればこんなに空いていないんでしょうが、どこに設営しようか迷っちゃう。晴釣さんのお力を借りて(D)な感じでテント張り終了。イブニング前から釣り開始。今回はフライですが、相変わらず腕は上がって無いようで1日目はテント1張り・・・・夕食はスキレットで豚&牛のステーキを焼き焼き、ミディアムレアの焼き具合ばっちり、晴釣さんグッドジョブ!!(H)は「晴釣さん40年ぶりの焚火」の画像。7日は早朝からの釣り、(J)(L)のヤマメくんフライでゲットです。
テント代の元を取らなくちゃいけないわけだから次はどこに行こうかな、って来週も天気悪そうだし・・・・・


6月01日 富士川水系A川/B川/C川 山梨
11
 なんだったら、泊まっちゃえばいいし・・・・
富士川の年券の元を取るべく今シーズン3月16日以来の2回目。実に?A川、B川は2年ぶり。A川はアブラハヤの入れ食い(A)、こんな流れの強いところにいるっけか!!みたいなところからも出てきます。未だかつてこんなにアブラハヤを釣ったことは無いというほど釣っちゃったような。そんな中、アマゴくんは小アマゴ1尾(B)のみ。移動!!B川に(D・E・F・G・H)これが15〜18cmアマゴが釣れます釣れます。なんか放流後のような・・・・でも、サイズがねえ。上流に移動、アマゴくんがライズしております、キジにも食いつく小アマゴくん。ここで昼休憩!!
かの井伏鱒二が愛した栃代川を視察、探検に国道から6kmほど上がります。橋からの画像(I)。中央下にフライマンが写っております、そういえば静岡ナンバー車が停まってました。
次は下部温泉へこちら素泊まり4000円台の宿も多く魅力的。国道沿いの川は鮎釣り「友あゆ有ります」ののぼりが見られます、次回用に上流を視察、探検。この道を行くと山越えで富士宮・猪野頭に出るんだよねえ2年前にもちょっと行きましたが急に狭い道になったりで「イヤ」な感じがして引き返したんです、やっぱジムニーが欲しい!!「小さくてもいい!わんぱくでもいい!」
午後の部、開始!!本命C川(J・K・L・M・N)。こちらも淵という淵、小アマゴ出ます。いい渓相です、天気と相まって気持ちいい釣りができました。そんな中、やっとイイ型アマゴ(L)出てくれましたから、超満足!
サイズはともかく、数は凄いよ!!


5月18日 道志川 山梨
10
 今週も出陣です!!昨日が雨、今日は快晴!お魚クンも食い気がいっぱい、先週みたいないい思いを!!
と入渓はまったく先週の続き、淵から・・・・ところがどっこい、ダメだこりゃ!!ずーとだめです、あたりありません、今日はちょっと寒いからかなあ、宮が瀬が10度表示だったし、なんて考えながら、橋の手前のトロ場にてやっと、やっとです、(D)の放流ヤマメくん結構いい型ですよ25cmはあるかも。暖かくなって当たりが出始めたというか何と言うか・・・・でも針かかりしません、だって「ミミズ通し」が無くなっちゃって、どうしてもしゃぶるだけみたいな感じで、合わせられません。久しぶりの「チャレット道志」ですが、ここで先行者発見!魚勝釣りセンターで10時ちょい前、納竿。車に戻って、第2ラウンド大室神社へ移動。田代橋下(I)でまたまた粘ってみました、本日も釣り人はいません。食いが渋いです、伏流に乗せて大きくぐるっと3回ほど回ったでしょうかやっと食いついてくれました、用心深いやっちゃなあ!(G)。(H)の小ヤマメくんは瀬から出てきました。
釣り人も一人しか目視しておりませんし、何がいいって天気がいい!


5月12日 道志川 山梨
09
 昨日は強風、雨もパラつきやっぱ、今日でしょう!天気予報も晴れマーク・・・・・
5月2日に放流、天候がいまひとつでしたから結構お魚クンも残っているのでは・・・・・
三が瀬橋に駐車、着替えも終わっていざ!というところで1台入ってきました。ってことは前に入られる訳でせっかくのやる気がなくなるわけで・・・。ばらしも交えてポンポンポンと小さいのからだんだんサイズアップで3尾。キャンプ場前からあたりがとまりました。餌釣り師の姿を確認!まあ、しょうがないねえ、竿抜け狙って地道に行きますか。ところがこれが結構釣れました。瀬に出てる奴もいます(B)(G)。(L)の淵からも1尾出ました。とりあえず、4時半から9時まで(L)地点にていったん終了。駐車場に戻ると車が3台に・・・・橋から下を覘くと2尾大きいのが泳いでいます。ちょっとルアーで遊んでみましたがだめです。漁協のおじさんが来たのでちょっとお話し。と、フライの青年も来て車が4台。
結局なんだかんだでヤマメくんが9尾、天気も良いし、沢に入ることに・・・・・
最後にイワナくん1尾でも上げれたら最高なんですがねえ。ここは3.1mのテンカラ竿に提灯仕掛け、石の下に吸い込むあたりが一回のみ、小さなイワナくんは走ってますが。
最後の最後、やっと出ました待望のイワナくん(O)
12時半、納竿。ノンアルコールビールで祝い酒?・・・・
自宅到着が2時半、4時、床屋の扉を開ける・・・・・


4月27日/28日 千曲川水系某川 長野
08
 4月27日、28日の長野・千曲川釣行。
晴釣さんからの長野千曲川釣行のお誘い、1泊で行ってまいりました。
フライフィッシングでは有名な千曲川本流川上地区も確認してきましたが、竿出ししてきたのは支流。天気予報で雨マークの二日目も青空が出てきたり予想を裏切っての天気でいい釣りができました(釣果は別として・・・)
言い忘れましたが今回は私、フライです。こういう渓相ですからにわかフライマン、やたらのライントラブル。竿だし時間の3分の2はライントラブル対応じゃないかなんて・・・・・

スレスレのイワナくん小さいですが上げれましたんでヨシ!と言うことで。加えて大型イワナの確認もできました、とにかくいい渓流でした、晴釣さんは先行中にカモシカに遭遇とか。
時期を改めて、再挑戦!!かな!20


4月13日(水) 道志川 山梨県
07
 今日は一日、曇りのハズなのに・・・・・
今日は曇りで、明日は傘マーク。だからちょっと疲れ気味にもめげず来たのになあ。途中小雨がパラついております、幸い三が瀬橋の駐車場当たりは降っておりません。(A)道志村もここいらへんは桜が満開、天気がもってくれたらいいのですが。かなりの釣り人が入っているようで草は踏みしめられ通りやすい道になっております。昨日までの踏跡もいっぱい、ここ毎週、放流されているようですがすべてのポイントに入れているわけではないでしょうからどうでしょう!一投目かるーいあたりがありますが乗せられません。結構粘って九会の落ち込みからかなり流して何とかゲット!!(C)放流ものですがサイズはよろしいようで。あとは小ヤマメくんばかり。小雨も降り始めかなり濡れます。ピタッとあたりが無くなったと思えばくっきり足跡、遠くに釣り人2名?とりあえず竿だししたかった(E)の淵まで、小ヤマメくんでしょうか結構泳いでおりますが先行者も粘っていた様子ですからだめ、あきらめて濡れながら車に戻ります。朝食をとって場所移動!久しぶりにと狙ったところは七滝荘、川端キャンプ場あたり。降りていくとなんと橋の駐車スペースには4、5台停まってるじゃありませんか、これから始めようと橋から川を眺める人もあり、断念。まあ、1尾いい型、見れたので本日は終わりとしますか・・・・


3月31日(木) 松川湖&道志川 静岡県/山梨県
06

 二日目、・・・・・
ホテルの朝食をしっかりゆっくりいただいても、松川湖到着は8時前。先日購入したサクラマス用に購入したロッドの試し振りです。※この松川湖の入漁券は伊東大川の渓流釣りと兼用、1000円でどちらも楽しめる!!あさイチ渓流、あとは弁当持ってルアーでゆっくり、そんなパターンの確認が今回の釣行目的。
まあこれで納得できないのが釣り人、釣行と言いながらお魚クンの顔を拝んでいないという・・・・。帰りついでに黄瀬川どうでしょう、なんて車を走らせているうちに時間も早いことですし道志まで行ってみようなんて・・・・
2時過ぎです。山中湖から入ってますので(E)雪の残る道志、最上流へ?(G)地点で痛恨のばらし。別の淵の底から(I)のイワナくんゲット!!やっぱ、こっち来てよかった・・・
気を良くして移動!!大室神社どうでしょう!田代橋下の淵。何年振りでしょうか、いつも先行者で竿出しできませんでしたが今回は時間も時間で釣り人も引いたようです。絶対いるはず、でもでもなんの反応もありません。何度も何度も自然に流すことを心がけます。やっぱりね(N)の25センチオーバー、出ました!!さらに粘って(M)の小ヤマメくんゲット!今日はここでおしまい!!3時53分帰路に・・・・

3月30日(水) 狩野川水系O川&O川 静岡県
05

 一泊渓流釣りと温泉の旅・・・・一日目
今回は静岡狩野川水系O川へ。芝川までだと深夜割り料金でも1990円、今回の沼津ICだと1400円弱、しかも近いし、なんと温泉とセット組できたりして。
有名河川狩野川ですから、みんな本やネットで調べて行くわけですから他の釣り人も同じ情報を共有するわけですもんねえ・・・・
目的のその橋にはすでに車が1台、全くあたりがありません(A)(B)、と入渓点に戻ると釣り人と遭遇これから川虫をとるところだとか・・・・車で上流へ移動(D)、やっとあたりをとるとアブラハヤ。もっと上流へ(E)。あっちうろうろこっちうろうろでこんなワサビ田(F)がいっぱい。
ここでこちらはあきらめ冷川峠越えでO川入漁券売機(G)にて日釣り券購入。桜咲く公園(H)に車を止め、O川をルアーで上がる。(J)地点でルアーを追うお魚クンを確認のみ。初日、だめだこりゃ!!
(K)の松川湖をチェック!明朝、ルアーで挑戦!今日はフライの老人が二名いました(とルアーの老人が言いました、こっちも老人じゃ!!)
海方向に下って本日は「伊東温泉」に一泊!!夜は町をうろうろ。川沿いの桜のライトアップもちょっと早いかな。


3月24日(木) 道志川 山梨県
  解禁以来2度目の道志川、10日17日と毎週放流、水温低く残ってるみたい!!
04
 昨日は天気よかったのになあ・・・・
本日の天気予報は終日「曇り」の予報。ところが小雨ちらついております。道の駅道志、6時ちょい過ぎのショット(A)わたくしの車以外駐車なし!そんなわけで「チャンス!」と、ちょっと橋下(C)に竿だししてみましたら(D)のヤマメくん出ました。他にも小さなあたりはありますが乗せられません。そこで年券の不携帯に気が付き車に戻った画像が(B)、7時ころです、いまだマイカーのみ。車に戻ったついでにいつもの三が瀬橋の駐車場に移動。花冷えとかですが尋常でない寒さ。手がかじかみます、石回りのポイント、ポイントで出てくれます。画像にない15,6センチの小ヤマメくんも結構出ましたから「つ」抜け?小ヤマメかと思うと20センチオーバーのヤマメだったり食いが浅いのなんのって。(J)の護岸下から(I)のヤマメくんが出てくれました。いいサイズのヤマメくんが隠れてますね。(N)の石の下から出てくれた(M)くん本日一番サイズかな・・・・石の下で2回綱引きならぬ引っ張り合いの結果、3度目で上がりました。ここで小雨が結構なみぞれに・・・・・昼になればあったかくなるから雪ということはないでしょうが、寒くて寒くて、なんと10時前に撤収!!
帰宅時間11時55分。1日の有効利用?
帰りに目撃「小菅養魚場」のトラックが七滝上の国道わきに停車しておりました。小菅育ちのヤマメを放流?


3月16日(水) 富士川水系T川 山梨県
03

二日目です・・・・
去年から目を付けていた川です。漁協さんマップで放流箇所あたりに到着。まずその前に沢が有りました。なんか気になっちゃうんです。居ます、居ます昨日同様喰いが浅い。(B)(C)とあたりが有るんですが針がかり出来ない!!堰堤まで行って帰りにやっと出ました(D)イワナくん、すごい模様のイワナくんです、これって今流行りの?イワナとヤマメのハイブリットですかね。
本流は川原の工事あとのようです。それでもあたりは有りましたが、が、未熟な私には針がかり出来ません。下流に戻って(E)ルアーでも投げてみましたが追っても来ません。いかんせん水温が低すぎるような気も・・・・
この川、中流域は(F)のような降りられないゴルシュが続きます。ちょっと面白そうな川です。
帰りは本栖湖に抜け河口湖から中央道にて帰宅。1時半過ぎには着いていたりして・・・・
 

3月15日(火) 富士川水系福士川 山梨県
02


 驚異の速さで年券手配していただいて・・・・
行かない訳にはいかないでしょう・・・・って事で富士川水系福士川へ。
去年行ったあっちは止めて、こっちの川でそっちに入ってみました。
先々週の残りブドウ虫3パック有ります!!キジ1パック有ります!キジ、2週間でかなり成長したみたいです!!ブドウ虫ではぜんぜん反応が有りません。キジに代えると「来てます!来てます!」チュルチュル、チュルチュルしゃぶっているのでしょうか送りこんで合わせてもなかなか針掛かりしません。この時期の釣りってこんな感じでしたでしょうかね。数は出ましたが小さい小さい!!成魚放流分はもう釣り切られたのでしょうね。今回は1泊で富士川探索兼ねてますから移動して去年行ったあっちの上流へ。本日は温泉はお休みですが完全舗装、「良いんじゃない!」みたいな・・・・・続いてナビで指定して次なる川に向かいますが押し間違い見たいでどんどん北上、こりゃまずいと早川を探索に、でも工事だらけでとちゅうで引き返して「早川町新庁舎」をパチリ!!引き返して目的河川へ!ところがこちらも河川工事有りおまけに一般車通行止め!!

そんな感じであいた時間、そうだ身延山に行こう!!しだれ桜の時期は混んじゃっって行けないからね!「ゆば蕎麦」を食べてロープウェイでイザ山頂へ。眺めは抜群!山頂奥の院は雪かき中でした、山頂から見る富士山も最高。ロープウェイを降りて五重塔を見たり、チェックインの時間を調整。



3月 1日(火) 道志川 山梨県
  これぞ「撃沈やあ!!」
01

 解禁日当日に行くのは何年ぶり?
まあ解禁日と休みが合っちゃったからしようがない、みたいな。餌も「活きの良いとこ3点盛り」と準備万端で出かけてみました。湯川屋さんで年券購入、豚汁ごちそうになってイザ!!道の駅へ。こちらもすでに着替えの終わった釣り人の車が結構ございます。そういえば途中のセブンイレブンもいつになく車が停まっておりました、明らかに釣りモードの車が・・・・。日の出が6時15分ですからとゆっくり休憩、ゆっくり着替えて明るくなり始めてから移動、と言ってもいつもの所はいっぱいだろうし、走りながら覗けば5,6台停まっている様子、あそこにも2台、ここにも2台。そんな感じで狙っていたところは、やっぱり2台。あわよくばと覗いて見ますが準備中?これからですね・・・上に行きましょうとちょっと歩いて入渓!!っと、下流に一人居るじゃ有りませんか。じゃあ、もっと上あがりますか。林道はまだ(A)こんな感じも見られます。別荘脇から入渓、大石周り丁寧に流したつもりですがだめですねえ。相性のいい、ブロック崩れの淵、まったく反応が有りません。こんだけ寒いと活性もないはず、イクラをブドウ虫に代えて(B)地点、第一釣り人発見、遭遇!!もう1時間も経ってないのに本日の釣りは終了かあ!!なんて思いながら流してみれば、ブロック下から出てきました(C)ヤマメくん。これでボウズはないのでとりあえず安心。でもその先にもちらりと第二釣り人の姿も・・・・上がれないものここでじっくりやるしかないでしょう、ブロック反対側、小沢の流れ込の石下から(D)ヤマメくん、あとブロックのエンドの所ですが1尾穴に隠れていました、イクラ、ブドウ虫、まったく反応なし。
 そんな上にも行けない状態で、稼働範囲内でウロウロ、シーズン初日と言うことも有り?渓流歩行もぎこちない爺さんは脚を滑らせ、さあ大変!!ビショビショじゃあーりませんか。両袖口から、ウェーダーからもお尻あたり、来てます!来てます!あわてて手袋、ジャケット、ベストと脱ぎますが、ザックの中もビショビショ、タオルもビショビショ!、そうです道志村の朝の気温予想がマイナス4度でしたもの。断念するのもこれまた勇気!と言うことで撤収!!っと脱いだジャケットを着ようとするとこれまた乗せた石に凍って貼り付いちゃってるし、凍って真っ白になってるし・・・・

「撃沈事件」も有り、僕を温めてくれたのは開店早々の道の駅「田舎うどん」だった。晴釣さんと道の駅12時待ち合わせだったので、車で暖まり、川を覗きにと行ったり来たり。晴釣さんとは協議の結果、年券の有効利用!ハイブリットでフライの練習。基本、餌釣りの私としてはこんな寒くっちゃフライなんかじゃ釣れるはずない!なんですが旨い人はちゃんと釣る!!流し方教えてもらって1回はヤマメくんと目まで合ったんですが縁が無かったって事で・・・・
 考えてみれば、解禁釣行餌釣り部。1時間ちょっとしか竿出してないかも・・・・・